• TOP
  • ビゴライブはBGM流せる!ライブ配信で流せる音楽や禁止事項4つを解説

ビゴライブはBGM流せる!ライブ配信で流せる音楽や禁止事項4つを解説

ビゴライブ(BIGO LIVE)で配信を盛り上げる方法の一つとして、BGMを流す方法があります。

しかし、ビゴライブでBGMを流す行為は許されるのかわからず、悩む人もいるでしょう。結論、ビゴライブでBGMは流せますが、禁止事項もあります。

そこで今回は、ビゴライブで流せるBGMや禁止事項をご紹介します。
BGMで使える著作権フリー音楽や必要機材もまとめられていますので、ぜひ参考にして配信に役立ててください。

ビゴライブで流せるBGM

ビゴライブで流せるBGM

ビゴライブ(BIGO LIVE)のライブ配信で流せるBGMは、以下3つです。

  • 著作権フリーの音源
  • 自作の楽曲
  • 著作権切れの楽曲

著作権フリーの音源

ビゴライブ(BIGO LIVE)では、著作権フリーの音源をBGMで流す行為は許可されています。

著作権フリーの音源とは、フリー音源サイトで無料配布されている楽曲のことです。
中には、商用利用できるフリー音源もあり、安心して利用できます。

BGMで使える著作権フリーの音源に関する情報は、後の見出しで紹介しますので、ぜひご覧ください。

自作の楽曲

自作の楽曲も配信BGMとして利用できます。
作詞・作曲ともに一から自分で作った楽曲は、著作権を侵害しないため、利用可能です。

BGMとしては流せますが、歌う行為は避けたほうがいいでしょう。
カラオケ配信自体が違反になる可能性があり、アカウントがBANされないとは断言できません。

ビゴライブ(BIGO LIVE)のライブ配信で自作の楽曲を利用するときは、できるだけBGMとして使用しましょう。

著作権切れの楽曲

基本的には、著作権切れの楽曲も利用可能です。

しかし、楽曲に合わせて歌ってしまうと、著作権侵害としてアカウントの配信停止処分を受けたり、権利者から訴えられて裁判沙汰になったりする恐れも。

ビゴライブ(BIGO LIVE)公式が記載している違反項目を見ると、カラオケ配信も入っているため、著作権の侵害に当たる可能性があります。

自作の楽曲と同様、カラオケ配信は避けたほうが安全です。

【ビゴライブ】BGMで使える著作権フリー音楽3選

【ビゴライブ】BGMで使える著作権フリー音楽3選

ビゴライブ(BIGO LIVE)のライブ配信で、BGMとして使用できる著作権フリー音楽サイトを3つ紹介します。

  • 甘茶の音楽工房
  • DOVA-SYNDROME
  • MusMus

甘茶の音楽工房

甘茶の音楽工房には500曲以上の素材数が揃っており、アコースティックやエレクトロなどさまざまな雰囲気のBGMが無料配布されています。

理想のイメージやジャンルから検索できるところも嬉しいポイント。

商用利用も可能な著作権フリー音楽サイトです。

DOVA-SYNDROME

DOVA-SYNDROMEでは、13,757曲以上のフリーBGMがMP3形式で無料配布されています。

イメージやジャンルはもちろん、テンポや使用楽器からも検索可能。
商用利用や加工もできます。

充実した検索機能で、あなたが使用したいBGMも見つかりやすいでしょう。

MusMus

MusMusは広い使用目的で利用できる著作権フリー音楽サイトです。

BGMとして利用するのであれば、常識的に考えて禁止されている制作物にも使用できます。

BGMの長さや繰り返し流れるように改変することも可能。
商用利用もでき、全体的に自由度が高いフリー音楽サイトです。

しかし、著作者や提供者を記載する必要があるため、注意しましょう。

【ビゴライブ】BGM付きで配信するときの必要機材

【ビゴライブ】BGM付きで配信するときの必要機材

ビゴライブ(BIGO LIVE)でBGMを流しながらライブ配信するためには、以下の機材が必要です。

  • PC&スピーカー
  • オーディオインターフェース
  • マイク
  • スマホ用三脚
  • リングライト

詳しくは、ライブ配信に必要なものに関する記事にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ビゴライブ】BGMを流すときの禁止事項

【ビゴライブ】BGMを流すときの禁止事項

ビゴライブ(BIGO LIVE)では、BGMを流すときに禁じられていることがあります。

  • 著作権のある音源は使用不可
  • イベント以外でのカラオケ配信
  • 歌配信のアカペラは著作権侵害の恐れあり
  • 弾き語りもグレーゾーン

次では、禁止事項をそれぞれ詳しく解説します。

著作権のある音源は使用不可

ビゴライブ(BIGO LIVE)では、利用規約にも書かれている通り、著作権のある音源の利用は禁じられています。
他人の楽曲を無断で流したり、カラオケ用の楽曲を無断利用して歌ったりすると、著作権侵害となります。

著作権侵害として訴えられると、10年以下の懲役、または1000万円以下の罰金など何かしらの罰則を受ける恐れも。

また、ビゴライブは海外発祥のアプリであるため、罰則が日本と異なる可能性もあります。

利用規約を確認し、禁止事項に注意してライブ配信を楽しみましょう。

イベント以外でのカラオケ配信

イベント以外でのカラオケ配信は避けましょう。
著作権侵害として罰則を受ける可能性もあります。

詳しくは、ビゴライブでカラオケ配信に関する記事にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

歌配信のアカペラは著作権侵害の恐れあり

アカペラでの歌配信も避けたほうが安全です。

著作権は歌詞や楽曲にも存在するため、アカペラで歌う行為も著作権侵害に当てはまる可能性があります。

アカペラであってもライブ配信で歌う行為は避けたほうがいいでしょう。

弾き語りもグレーゾーン

たとえ自分の楽曲があったとしても、ビゴライブ(BIGO LIVE)のライブ配信で歌うと利用規約違反に当てはまる恐れがあります。

先でも書きましたが、ビゴライブ公式の違反項目を見ると、カラオケ配信も入っているため、カラオケ配信や歌配信自体がNGである可能性が高いでしょう。

歌わずにBGMとして弾くだけなら問題ありませんが、弾き語り配信は避けることをおすすめします。

まとめ

ビゴライブ(BIGO LIVE)で流せるBGMや禁止事項をご紹介しました。

ライブ配信のBGMとして、著作権フリーの音源や自作の楽曲、著作権切れの楽曲は流せます。
しかし、ビゴライブではカラオケ配信自体がNGで、歌う行為は著作権侵害に当たる可能性も。

イベント以外でのカラオケ配信は避けて、BGMではできるだけ著作権フリーの音源を利用することをおすすめします。

著作権に注意してBGMを選んで利用し、ライブ配信を盛り上げましょう。

ライバーとして安定して活動したい人には、公式ライバー事務所SHIP!!への所属がおすすめです!

「今注目のライバー事務所No.1」に選ばれる実績を持ち、それぞれのライバーに一人ずつプロのマネージャーがついてサポート。
また、定期的に「ライバー勉強会」が開催されて、トップライバーからアドバイスをもらえます。

トップライバーとマネージャーから実践的なスキルを身につけられて、有名ライバーに近付けられるでしょう。

ぜひ公式ライバー事務所SHIP!!に所属して、ライブ配信を楽しみましょう!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須