ライバーメディアのアイキャッチ

アーカイブ配信とは?おすすめアーカイブ機能付アプリ3選

ライブ配信アプリのアーカイブ配信とは、リアルタイムで配信を視聴できなかった場合に、後から視聴することができる機能です。

アーカイブ機能が搭載されている場合が多く、リスナーはリアルタイムと配信後に配信を楽しめるようになりました。

本記事では、アーカイブ機能が搭載されていないライブ配信アプリでもアーカイブ配信を楽しむ方法や、アーカイブ機能がついているおすすめのアプリを紹介します。

LP バナー

アーカイブ配信とは

カメラの前に座っている女性です。

アーカイブ配信とは、ライブ配信を後から視聴できる機能です。

アーカイブ機能が搭載されていれば、ライバーが配信を行うと、その配信が録画され、アーカイブとして残ります。

アーカイブとして残った動画は、配信終了後にライバーが見直したり、リアルタイムで視聴できなかったリスナーが後から見て楽しむことが可能です。

アーカイブ配信を楽しむ方法

スマホを眺めている女性です。

ライブ配信アプリには、アーカイブ機能が搭載されている場合とそうでない場合がありますが、アーカイブ機能がなくても、後から配信動画を楽しめます。

ここでは、アーカイブ配信を楽しむ方法を3つ紹介します。

【ライブ配信】アーカイブ配信を楽しむ方法
  • アプリのアーカイブ機能を使う
  • スマホやPCの録画機能を使う
  • PCソフトを使う

アプリのアーカイブ機能を使う

1番簡単にアーカイブ機能を楽しむには、アーカイブ機能が搭載されているライブ配信アプリを使用しましょう。

視聴者側は特に何もしなくても、好きな時に応援しているライバーの過去の配信を視聴することができます。

ただし、ライバーがアーカイブを削除した場合や、アプリが定めている保存期間を過ぎた古いアーカイブ配信は視聴できません。

確実に配信動画を手元に残しておきたい場合は、これから紹介する方法を参考にしてください。

スマホやPCの録画機能を使う

スマホやPCに搭載されている画面録画機能を使用すれば、配信の録画が可能です。

今回はスマホやPCで画面録画をする方法を紹介します。

iPhoneの場合

iPhoneのコントロールセンターの画面です。

「コントロールセンター」を開き、赤い丸の録画ボタンをタップします。

すると、録画開始のカウントダウンが始まり、録画が開始されます。

Androidの場合

録画機能の用途が制限されているため、外部アプリを利用しましょう。

おすすめのアプリは『AZ スクリーンレコーダー』です。

時間制限や広告がないという特徴があり、フルHDおよびQHD動画の録画ができます。

PCの場合

Windowsの場合は、「Windows」キーを押しながら「G」キーを押すと、キャプチャの操作パネルが表示され、録画を開始できます。

Macの場合は『Shiftキー』と『commandキー』、『5』を押すことで画面の録画や静止画の撮影が可能です。

PCソフトを使う

PCに録画ソフトをインストールして、配信を録画できます。

しかし、個人で楽しむ場合はPCに元々搭載されている画面録画機能を使う方が簡単です。

ソフトを使用することで、保存した動画を簡単に好きな形式に変換したり編集できます。ライバーが自分の配信を編集したい場合はソフトを使用するといいでしょう。

おすすめの録画ソフトは「VideoProc」です。

動画録画や編集はもちろん、DVD形式変換や動画サイト保存の機能も備わっています。また、画質も4K/8Kまで対応しているところも嬉しいポイントです。

「VideoProc」には、無料版と有料版があります。無料版の場合は、録画動画に透かしロゴが入ってしまうため、気になる方は有料版を購入しましょう。

おすすめアーカイブ機能付アプリ3選

花を持っている女性の画像です。

手間をかけずにアーカイブされた配信動画を見たい場合は、アーカイブ機能が搭載されているライブ配信アプリの使用をおすすめします。

しかし、先述の通り、削除されたアーカイブ配信や、アプリが定めている保存期間を過ぎたアーカイブ配信は視聴できません。どうしても手元に配信動画を残して視聴したい場合は、先ほど紹介した「録画機能」と「PCソフト」を使う方法を試してください。

それでは、アーカイブ機能が搭載されているライブ配信アプリを3つ紹介します。

Pococha

Pococha(ポコチャ)では、配信をアーカイブとして残すことができます。

【注意点】
  • ラジオ配信はアーカイブされない
  • ライブ配信中のコメントやアイテムのエフェクトは表示されない
  • アーカイブ配信の保存期間は配信から90日

LINE LIVE

LINE LIVEでは、特定のライバーの配信はもちろん、ランキングからアーカイブ配信を探すこともできます。

特定のライバーのアーカイブ配信を視聴したい場合は、ライバーのチャンネルから視聴が可能です。

ランキングから探す場合は、ホーム画面の「ランキング」からライバーと動画を選択し、視聴できます。

【注意点】
  • ライバーが公開終了日を設定している場合あり(基本は無期限)
  • コメントを送れない
  • ギフトを贈れない

17LIVE

17LIVEでは、ライバーが録画機能を使用し、配信を残すことが可能です。

【注意点】
  • 基本的に1動画20∼60秒の動画でしか残せない
  • コメントや投げ銭ができない

しかし、「17LIVE+」機能では、配信をフルサイズで残すことができ、コメントも可能です。
17LIVE+とは、有名人や17LIVEの人気ライバーが特別に収録した番組やムービーを配信する機能です。

まとめ

アーカイブ配信機能はライバーにとっても、リスナーにとっても便利な機能です。

ライバーは自分の配信した映像を見直したり、編集してリスナーに届けることができます。
また、リスナーもリアルタイムで視聴できなかった配信を楽しんだり、何度も配信を楽しむことができます。

アーカイブ配信を楽しむ方法を3つ紹介しましたが、1番手軽に楽しむには、アーカイブ機能が搭載されているライブ配信アプリを使用しましょう。

自分で特別な操作をしなくても、アーカイブ配信を楽しむことができます。

アーカイブ機能が搭載されている3つのライブ配信アプリのうち、最もおすすめなのはPocochaです。
配信動画全体をアーカイブ配信として残せます。

また、Pocochaはユーザーが多すぎないため、リスナーと関係を築くためにアーカイブ機能を活用したいライバーには最適です。

Pocochaで配信をする場合は、事務所に所属することをおすすめします。
事務所に所属することで、リスナーとの関係づくりや配信の内容、アーカイブの活用法などの実践的なサポートを得ることができます。

公式ライバー事務所『SHIP!!』は、Pocochaを始めとした7つのライブ配信アプリと公式に提携しています。各ライバーに、実践的なノウハウをお伝えするなどのサポートを行っています。

ライバー活動をより本格的にやってみたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください!

もちろん、「ライバーって何をするの?」といった疑問でも構いません。
トップライバーとして活躍するスタッフや、顧問弁護士・会計士がどんな疑問も解消します!

LP バナー

ライバー給与診断

Q1
あなたの性別は?
友だち追加  

お問い合わせ

    必須 日付

    必須 氏名

    必須 ふりがな

    必須 メールアドレス

    任意 LINE ID (LINEでの問い合わせ希望のみ)

    必須 配信をご検討のアプリ ※複数選択可

    任意 その他

    最終更新日:2021.07.04