TikTokの再投稿とは?再投稿される動画の作り方も解説

TikTokの再投稿とは?再投稿される動画の作り方も解説

最終更新日:2024年2月12日

カテゴリ: 未分類

TikTokの再投稿とは、X(旧Twitter)の「リポスト機能」のようなものです。

自分がシェアしたい動画をフォロワーに見てもらえます。

また、再投稿されやすい動画を作成すれば、再生回数も増えるでしょう。

この記事では、TikTokの再投稿の方法と再投稿される動画の作り方を解説します。

\おすすめのライバー事務所/

「今注目のライバー事務所No.1*」の公式ライバー事務所SHIP!!は、初心者・経験者問わずライバーを募集中!

  • 平均時給2500円(ボーナス制度あり)
  • マネージャー・トップライバーによるサポート
  • 配信アプリの契約数「業界トップクラス」


人気ライバーになりたい・副業で稼ぎたい人は、ぜひ無料相談をご利用ください!

※ 調査期間:2022年3月10日~2022年3月15日/調査元:JAPAN TRUST RESEARCH
対象:男性10代~60代|女性20代~60代(n=110)/インターネットでのアンケート調査

TikTokの再投稿とは?

TikTokの再投稿とは?

TikTokの再投稿とは、X(旧Twitter)の「リポスト機能」のようなものです。

自分が気に入った動画を再投稿すれば、自分のフォロワーに対してその動画をシェアでき、多くの人にその動画を見てもらえます。

つまり、再投稿されやすい動画を作成すれば、再生回数を伸ばしやすいということ。

動画を作成する際には、再投稿されやすいような設計にしましょう。

TikTokの再投稿動画はどこで見れる?

TikTokの再投稿動画はどこで見れる?

TikTokの再投稿動画は、以下の2つの場所から見られます。

  • おすすめ欄
  • フォロワーへの通知

おすすめ欄

TikTokの再投稿動画は、相互フォロワーのおすすめ欄に表示されます。

そのときには「〇〇さんのおすすめ」と表示されるため、自分が再投稿したことが通知された状態で、相互フォロワーに表示されるのです。

おすすめ欄に表示されるということは、再生される可能性が高いということ。

動画投稿者は、積極的に再投稿されやすい動画を投稿しましょう。

フォロワーへの通知

TikTokで再投稿をすると、相互フォロワーへ通知が行きます。

相互フォロワーがその通知をタップすれば、再投稿した動画が表示される仕組みです。

再投稿が通知されるのはX(旧Twitter)にはない機能のため、その点ではTikTokのほうが拡散したものを見てもらいやすいという特徴があります。

再投稿機能の登場によって、TikTokはさらに拡散性の高いメディアになったのです。

TikTokの再投稿機能のメリット

TikTokの再投稿機能のメリット

TikTokの再投稿機能のメリットは、以下の3つです。

  • 動画が拡散されやすい
  • 友人同士で動画を共有できる
  • 著作権侵害の心配がない

動画が拡散されやすい

再投稿機能の登場により、動画が拡散されやすくなりました。

以前までは、「動画をダウンロードして投稿する」という操作が必要だったにもかかわらず、いまは再投稿機能のおかげで簡単に再投稿できるのです。

これにより、動画の再生回数が伸びやすくなったといえるでしょう。

いまは「どれだけ再投稿されるか」が動画投稿者の再生回数やフォロワー数の伸びに関わっています。

友人同士で動画を共有できる

再投稿機能を活用すれば、友人同士で動画を共有できます。

再投稿した動画は、相互フォロワーにしか表示されないためです。

たとえば、友人に見せたい動画があるときはURLを共有するのではなく、TikTokで再投稿をしておけば、自分のおすすめとして友人に動画を見てもらえます。

再投稿機能を活用することで、気軽に動画をシェアできるのです。

著作権侵害の心配がない

再投稿機能を活用すれば、著作権侵害の心配はありません。

以前までは、再投稿するために「動画をダウンロードして、自分の動画として投稿する」必要があったため、投稿者によって著作権侵害で訴えられる可能性がありました。

しかし、再投稿機能は元々の投稿者のコンテンツをそのまま再投稿できるため、心配いりません。

安心して動画を拡散できることは、ユーザーにとっても嬉しいですね。

TikTokで再投稿される動画を作るコツ

TikTokで再投稿される動画を作るコツ

TikTokで再投稿される動画を作るコツは、以下の3つです。

  • 最初の3秒にインパクトを
  • エンゲージメントが集まりやすい設計
  • 適切なハッシュタグの使用

最初の3秒にインパクトを

再投稿されやすい動画を作成するためには、最初の3秒が肝心です。

最初の3秒で視聴者の心を掴まなければ、スクロールされてしまいます。

しかし、最初の3秒で心を掴めれば、最後まで動画を見てもらえる可能性やそのまま再投稿してもらえる可能性が高いです。

最初に結論を伝えるなどして、一気に視聴者の心を掴みましょう。

エンゲージメントが集まりやすい設計

エンゲージメントが集まりやすい設計の動画は、再投稿されやすいです。

動画にエンゲージメントが集まると、おすすめに表示されやすくなります。

そして、多くの人に動画を見てもらえるため、再投稿される可能性も高まるという仕組みです。

具体的には、以下のようなことをするとエンゲージメントが高まりやすくなります。

  • 直接「いいねしてね」などと伝える
  • 大切なことをコメント欄に書く

特にビジネス系TikTokerなどの動画は、参考になるでしょう。

適切なハッシュタグの使用

適切なハッシュタグを使用していると、動画の再生回数が増えやすくなります。

そして、動画が再投稿される可能性も高まるのです。

自分が投稿している動画に対して、適切なハッシュタグをつけましょう。

しかし、ハッシュタグをつけすぎると動画が見にくくなり、運営から「スパムコンテンツ」と判断される可能性もあります。

ハッシュタグは適切なものを、多すぎない程度につけるのがいいでしょう。

TikTokの再投稿方法

TikTokの再投稿方法

TikTokで再投稿する方法は、以下のとおりです。

  • TikTokを開く
  • 再投稿したい動画を開く
  • 画面右の矢印アイコンをタップ
  • 「再投稿」をタップ

再投稿が成功すれば「再投稿しました」と表示されます。

再投稿した動画は、自分のおすすめ欄・プロフィールには表示されないため、正常に再投稿されたかを確認するために「再投稿しました」の文言は必ずチェックしましょう。

TikTokの再投稿動画の削除方法

TikTokの再投稿動画の削除方法

TikTokで再投稿動画を削除する方法は、以下のとおりです。

  • TikTokを開く
  • 再投稿した動画を開く
  • 画面右の矢印アイコンをタップ
  • 「再投稿の削除」をタップ

特に、企業アカウントを運営している場合は、再投稿がブランドを損なう可能性があります。

再投稿はすぐに削除できるため、焦らずに対処しましょう。

TikTokの再投稿の注意点

TikTokの再投稿の注意点

TikTokで再投稿をする際には、以下の5点に注意しましょう。

  • 相互フォローでしか表示されない
  • 投稿者本人に通知される
  • 自分の動画は再投稿できない
  • 再投稿は防げない
  • 安易に再投稿をしない

相互フォローでしか表示されない

TikTokkの再投稿動画は、相互フォローしている人にしか表示されません。

以下の人たちには表示されないのです。

  • 一方的にフォローしている人
  • 一方的にフォローされている人
  • 互いにフォローしていない人

よって、自分が誰とも相互フォローの関係にないのなら、再投稿は表示されないということ。

再投稿で友人などに動画をシェアしたい場合は、TikTokで相互フォローになりましょう。

投稿者本人に通知される

再投稿した際には、投稿者本人に再投稿したことが通知されます。

再投稿が多い人なら気にしないかもしれませんが、再投稿が少ない人ならすぐに気づくはずです。

また、場合によっては再投稿したことによって投稿者本人が不快に思うことも。

投稿者本人に通知されることを覚悟のうえで再投稿しましょう。

自分の動画は再投稿できない

自分が投稿した動画は、再投稿できません。

よって、自分が一度投稿した動画を再投稿し、繰り返し相互フォロワーに見てもらうことは不可能です。

自分の動画を再投稿したい場合には、もともとの動画素材を使用して再度投稿したり、ダウンロードして投稿したり、音源を変えて投稿しましょう。

再投稿は防げない

他ユーザーからの再投稿は防げません。

再投稿を防ぐためには、アカウントを「非公開」に設定する以外なく、非公開に設定するとフォロワー以外には投稿が表示されなくなるため、再生回数が激減します。

そのため、アカウントを「公開」している場合は再投稿されることを前提として、コンテンツを投稿することがおすすめです。

安易に再投稿をしない

安易に再投稿すると、マイナスイメージにつながる可能性があります。

たとえば、真面目なビジネス情報を発信しているアカウントで、誤ってアダルト系の動画を再投稿してしまい、相互フォロワーがそれを視聴してしまうと、信頼を失うかもしれません。

相互フォロワーには、誰が再投稿したかが表示されます。

安易に動画を再投稿するのは控えましょう。

まとめ

今回は、TikTokの再投稿の方法と再投稿される動画の作り方を解説しました。

投稿した動画が再投稿されると、再生回数を伸ばせるだけでなく、新たなフォロワー獲得に繋がるでしょう。

\おすすめのライバー事務所/

「今注目のライバー事務所No.1*」の公式ライバー事務所SHIP!!は、初心者・経験者問わずライバーを募集中!

  • 平均時給2500円(ボーナス制度あり)
  • マネージャー・トップライバーによるサポート
  • 配信アプリの契約数「業界トップクラス」


人気ライバーになりたい・副業で稼ぎたい人は、ぜひ無料相談をご利用ください!

※ 調査期間:2022年3月10日~2022年3月15日/調査元:JAPAN TRUST RESEARCH
対象:男性10代~60代|女性20代~60代(n=110)/インターネットでのアンケート調査

お問い合わせ

    配信検討中アプリ(複数回答可)必須

    個人情報の取り扱いに同意する必須
    • 個人情報の取り扱い