• TOP
  • TikTokライブの投げ銭とは?条件や投げ銭の種類、注意点を解説

TikTokライブの投げ銭とは?条件や投げ銭の種類、注意点を解説

TikTokの投げ銭機能は、「ギフティング」と呼ばれています。

リスナーがライバーに対してオンラインで送金するシステムのことです。

投げ銭の金額帯は、低額なものから非常に高額なものまでさまざま。

この記事では、TikTokにおける投げ銭について詳しく解説します。

TikTokにおける投げ銭とは?

TikTokにおける投げ銭とは?

TikTokにおける投げ銭は、「ギフティング」と呼ばれています。

2021年3月1日からTikTokライブに対して新しくリリースされた機能であり、ライバーは収益化が可能になりました。

ギフティングする方法は、以下のとおり。

  1. TikTokにログインする
  2. アプリ内通貨「コイン」を購入する
  3. ライブで「ギフト」を送信する

ぜひ、ギフティングをして好きなライバーを直接応援してみてください。

TikTok投げ銭の条件

TikTok投げ銭の条件

TikTokでの投げ銭に関する条件は、以下の3つです。

  • 成人していないと送れない
  • 成人していないと受け取れない
  • PayPalアカウントがないと換金できない

成人していないと送れない

ギフティングは、成人していないとできません。

TikTokのバーチャルアイテムポリシーでは、以下のように定められています。

お客様の法域における成年年齢以上の本サービスのユーザーは、指定された支払方法を使って、また、当社が提供および許可する決済会社を介して、当社からバーチャル「コイン」(以下「コイン」)を購入することができます。

引用:TikTokバーチャルアイテムポリシー

日本においては、2022年4月1日より成人年齢の引き下げが行われたため、18歳からギフティングできます。

成人していないと受け取れない

ギフティングされる側のライバーも、成人している必要があります。

これもTikTokバーチャルアイテムポリシーで以下のように定められています。

お客様の法域における成年年齢以上の本サービスのユーザーは、バーチャルギフト(以下「ギフト」)とコインを交換して、当該ギフトを取得することができます。

引用:TikTokバーチャルアイテムポリシー

ギフティングする側と同じで、18歳からギフトをもらえるようになります。

18歳未満のライバーはギフトを受け取れないため、ご注意ください。

PayPalアカウントがないと換金できない

TikTokライブにおいて、「ギフト」として贈られたものは「ダイヤモンド」に変換され、ライバーはそのダイヤモンドを現金化できます。

しかし、換金する際にはPayPalアカウントが必要です。

PayPalアカウントの作り方は、以下の3ステップ。

  1. 電話番号等を使って新規登録
  2. カードや銀行口座情報を登録
  3. メールアドレスで本人認証

プレイステーションストアや、任天堂スイッチなど有名企業も導入している決済システムなので、安心して利用できます。

PayPalにアカウント登録すれば、TikTokアプリから手続きするだけで換金できます。

TikTokで送れる投げ銭の例

TikTokで送れる投げ銭の例

TikTokで送れる投げ銭の例として、以下の3つを紹介します。

  1. 一番気軽に送れる「バラ」
  2. ライバーと交流できる「サングラス」
  3. エフェクトが派手な「ライオン」

一番気軽に送れる「バラ」

バラは、最も気軽に送れるギフトです。

気軽に送れる理由は2つ。

  • 金額的に安いギフトであるから
  • ライブ画面から直接送れるから

1コインで送れるため、日本円にすると2円ほど。

ライブ配信の視聴画面の下部から、直接送信できます。

ギフティングをしてみたいという方は、ぜひバラから始めるといいでしょう。

ライバーと交流できる「サングラス」

サングラスは、ライバーと交流がしやすいギフトです。

なぜライバーと交流しやすいかというと、サングラスのギフトを送ると、エフェクトとしてライバーの顔にサングラスがかかるから。

非常に特徴的なエフェクトのため、ライバーに気づかれやすいです。

例えば、以下のようなさまざまな反応が楽しめるでしょう。

  • サングラスありがとうございます!
  • サングラスやめろよ〜!笑

サングラスは約400円のギフトですが、十分に楽しめるはずですよ。

エフェクトが派手な「ライオン」

ライオンは、エフェクトが非常に派手なギフト。
金額は約6万円と高額です。

ライブ画面の下半分をすべて覆い尽くしてしまうほど大きなエフェクトで、映像だけではなく音も伴います。

だからこそ、ライバーからの反応もいいです。

金銭的に余裕があり、お気に入りのライバーを応援したかったり、驚かせたかったりする場合には、ぜひライオンを送ってみてくださいね。

TikTokの投げ銭における注意点

TikTokの投げ銭における注意点

TikTokで投げ銭をするときには、以下の3つに気をつけましょう。

  • 受け取り機能がオフになっていると投げ銭がもらえない
  • 投げ銭の金額がそのまま手に入るわけではない
  • PCからライブを見ている人は投げ銭できない

受け取り機能がオフになっていると投げ銭がもらえない

TikTokの投げ銭機能がオフになっていると、投げ銭はもらえません。

投げ銭を貰いたい場合は、投げ銭の受け取り機能をオンにしておきましょう。

受け取り機能をオンにする方法は、以下のとおりです。

  1. TikTokアプリを開く
  2. 画面下部の「+」をタップする
  3. 画面下部の「LIVE」をタップする
  4. 画面右側の「設定」をタップする
  5. 表示メニューの「動画ギフト」をオンにする

これで投げ銭の受け取り機能がオンになりました。

せっかくのライブですから、受け取り機能をオンにしましょう。

投げ銭の金額がそのまま手に入るわけではない

残念ながら、投げ銭の金額がそのまま手に入るわけではありません。

ライブ配信プラットフォームには「還元率」というものがそれぞれあり、「ギフトを換金した際に、その何割の金額がライバーの手元に入るか」が決まっています。

TikTokライブの還元率は、約27%。

つまり、リスナーが1,000円分のギフトを贈ってくれたら、ライバーは270円を得られます。

他のライブ配信アプリに比べると還元率は低いのですが、TikTokはユーザー数が多く、とてもリスナーが集まりやすいプラットフォーム。

ユーザーが多い分、たくさんギフトをもらえる可能性が高いです。

PCからライブを見ている人は投げ銭が制限される

PCからライブを見ている人は、送れるギフトが限られています。

現在、PCから視聴している人が送れるのは以下の18種類。

アプリ版から送れるギフトの数と比べると非常に少ないです。

また、PCからはコインが購入できません。

PCからギフティングしたい場合は、送れるギフトが少ないことを理解したうえで、事前にスマホからコインを購入するようにしましょう。

まとめ

今回は、TikTokの投げ銭について解説しました。

TikTokでの投げ銭は「ギフティング」と呼ばれ、2021年3月1日から始まった新しい機能です。

リスナーはライバーを応援するために投げ銭を送り、ライバーはリスナーから受け取ったギフトをPayPalという決済システムを経由することで、日本円に換金できます。

より多くの投げ銭をもらいたいなら、ライバー事務所に入るのがいいでしょう。

ライバー事務所に入ると、配信ノウハウを共有してもらえたり、配信をサポートしてくれるマネージャーがつくためギフティングされやすくなります。

特におすすめなのが、「今注目の事務所No.1」に選ばれた公式ライバー事務所SHIP!!です。

個人活動よりも2倍以上の収入が狙えます。

専属のマネージャーがつくだけでなく、トップライバーに直接アドバイスをもらえる「ライバー勉強会」も定期開催しているため実践的な配信ノウハウを身につけられます。

初心者・経験者問わずライバーを募集中なので、ぜひ公式LINEよりご連絡ください!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須