• TOP
  • TikTokライブの条件とは?概要から条件クリアのポイントまで解説

TikTokライブの条件とは?概要から条件クリアのポイントまで解説

TikTokライブの配信・ギフティング(投げ銭)には、それぞれ条件があります。

それぞれの条件を達成しないと、その機能が利用できないのです。

そして、その条件とは少し複雑なもの。

この記事では、TikTokライブの条件と条件達成のためのポイントを解説します。

TikTokライブの配信条件

TikTokライブの配信条件

TikTokライブの配信条件は、以下の3つです。

  • TikTokアカウントをもっている
  • 16歳以上のユーザーである
  • その他非公開の基準をクリアしている

TikTokアカウントをもっている

TikTokライブを行うためには、TikTokのアカウントが必要です。

アカウント登録して、ログインした状態でないとライブ配信はできません。

スマホからアカウント登録をする場合は、以下の手順で操作してください。

  1. TikTokアプリをダウンロードする
  2. TikTokアプリを開く
  3. 画面右下の「プロフィール」をタップする
  4. 任意の登録方法でアカウントを登録する

PCからアカウント登録する場合は、以下の手順です。

  1. PCからTikTok公式サイトにアクセスする
  2. 画面右上の「ログイン」をクリックする
  3. 表示タブ下部の「登録」をクリックする
  4. 任意の方法でアカウントを登録する

16歳以上のユーザーである

16歳未満のユーザーは、TikTokが定める「未成年者の安全・青少年のプライバシー保護」のためにライブ配信が利用できません。

成年未満である場合には、親権者または保護者の許可が必要です。

また、15歳のユーザーが16歳になった直後にも、まだ機能が解放されていない場合があるため、その場合は運営の対応を待つしかないでしょう。

その他非公開の基準をクリアしている

TikTokでライブ配信をするためには、非公開の基準を達成する必要もあります。

TikTokのバーチャルアイテムポリシーに記載されている文章は、以下のとおり。

特定の16歳以上のユーザーは、本プログラムに参加することができます。かかるユーザーは、さまざまな基準(質の高いコンテンツの創作実績、フォロワー数などを含みます。)に基づき、本プラットフォームの完全な裁量により選定されます。

引用:TikTokバーチャルアイテムポリシー

つまり、アカウントにログインして、年齢制限を突破したとしても、フォロワー数や投稿コンテンツがTikTok運営に認められないとライブ配信はできないということです。

TikTokライブのギフティング(投げ銭)条件

TikTokライブのギフティング(投げ銭)条件

ギフティングとは、「投げ銭」とも呼ばれる行為です。

リスナーがライバーに対してギフトを送ることで、直接ライバーを応援できます。

TikTokライブでギフティング(投げ銭)をおこなうための条件は、以下の2つ。

  • TikTokアカウントをもっている
  • 成人していること

TikTokアカウントをもっている

TikTokライブでは、ギフティング(投げ銭)をおこなう場合もアカウントが必要です。

ギフトを送るためには、TikTokのアプリ内通貨である「コイン」を購入し、ライブ配信中にそのコインを使ってギフトを購入してライバーに送ります。

成人していること

ギフティングの年齢制限は、ライブ配信の年齢制限とは異なり18歳以上です。

TikTokの規約において「法域における成年年齢以上」と定められているため、2022年3月21日までは20歳未満はギフティング(投げ銭)できませんでした。

しかし、成人年齢の引き下げにより、2022年4月1日より日本でも18歳からギフティングが可能に。

ギフティングをする際には、お金を使いすぎないように注意しましょう。

TikTokライブの配信条件をクリアするポイント

TikTokライブの配信条件をクリアするポイント

TikTokライブの配信条件をクリアするには、以下の3つを意識するといいでしょう。

  • クオリティの高い投稿を作成する
  • 継続的に動画を投稿する
  • ユーザーとコミュニケーションを取る

クオリティの高い投稿を作成する

TikTokライブにおける非公開の条件に、「質の高いコンテンツの創作実績」が挙げられています。

つまり、クオリティの高い動画投稿をする必要があるということです。

クオリティの高い動画投稿にはさまざまな定義がありますが、以下のようなことを意識して動画を作成すると、クオリティが高いと認識されやすいでしょう。

  • ユーザーが見たくなる動画
  • ユーザーがいいねしたくなる動画
  • ユーザーが保存したくなる動画

「何に特化したアカウントなのか」をユーザーに伝えることを重視したうえで上記の項目を意識しましょう。

自身の動画のターゲットが求める情報に特化した動画だと、再生回数やいいね数、保存数が増えやすく、すぐにライブ配信できるかもしれません。

継続的に動画を投稿する

公式サイトには、TikTokライブの非公開条件の例として「フォロワー数」があげられています。

TikTokライブを行うためには、一定数のフォロワー数も必要だということです。

フォロワーを増やすためには、自身の動画のターゲットが求める情報を継続的に投稿し続けることをおすすめします。

継続的に投稿することでターゲットに自分の存在を認知してもらい、フォローに繋げましょう。

ユーザーとコミュニケーションを取る

フォロワーを増やすためには、しっかりユーザーとコミュニケーションを取ることも重要です。

動画に対して寄せられたコメントには、できるだけ返信するようにしましょう。

返信が丁寧な動画投稿者に対して、ユーザーは好意的な印象を持ちますし、これからも動画を見たいなという気持ちにもなるでしょう。

また、その際には言葉遣いに気をつけることも大切です。
ユーザーを不快にさせないよう、素敵なコミュニケーションをとっていきましょう。

まとめ

今回は、TikTokライブにおける配信・ギフティングの条件について解説しました。

TikTokではライブ配信することにより、投稿動画がおすすめに掲載されやすくなるなどの効果も期待できるため、注目を集めています。

TikTokライバーとして本気で活動するなら、ライバー事務所への所属がおすすめです。

特に、「今注目のライバー事務所No.1」に認定されている公式ライバー事務所SHIP!!がおすすめ。

平均時給は2500円と業界トップクラス。

さらに、トップライバーが立ち上げた事務所であるため、専属マネージャーによるサポートが手厚いです。

悩みを直接トップライバーに相談できる「ライバー勉強会」も定期開催されており、より実践的なスキルを身につけられるでしょう。

実際に、さまざまなライブ配信プラットフォームのイベント上位者には公式ライバー事務所SHIP!!のライバーが上位ランクインしています。

すでに人気のあるライバーから、初心者まで幅広く歓迎中のため、ぜひ以下の問い合わせフォームからご連絡ください!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須