• TOP
  • ライバーって稼げるの?時給・歩合など収入の仕組み

ライバーって稼げるの?時給・歩合など収入の仕組み

ライブ配信を行い、ライブ配信アプリ内で発生する投げ銭や時給で稼ぐライバー。

中には、ライバー事務所に所属し、事務所からの時給や歩合、ボーナスで稼ぐ人もいます。

今回は、ライバーが稼げる理由と、収益化の仕組みについて解説します。

ライバーとは?

ライバーとはライブ配信サービスを通してライブ配信を行う人のことを指します。
Youtuberのように動画編集をしたり高額機材やセットを準備するなどの手間なく、手持ちのスマホで日常生活をライブ配信します。

そんなライバーの皆さんが生み出すライブ配信市場は、着々と規模感をのばしており、2020年は500億円、2022年で1,167億円に到達すると言われ、その規模はYoutube市場を上回ると予想されています!

コロナの影響等で様々なイベントや案件が中止になっている反面、巣ごもりする人が増えたことによりユーザーが増えたと考えられます。

[nlink url = “https://ship-liver.com/media/popular-column/live-hikaku/”]

報酬形態は時給と歩合の2つ!

ライバー 仕組み

ライブ配信の報酬形態は大きく
 1. 時給+歩合
 2. 歩合のみ
の2つに分けられます。

では、これらの特徴について説明していきます。

1. 時給+歩合について


時給+歩合では、時給による安定して給料をもらえる安心感と歩合による成果を出せば出すほど給料が上がるといった、攻めと守りを両方取れる報酬形態といえます。

配信するだけでお金がもらえ、努力次第で給料がアップするのでモチベーションが続きやすいのが特徴です!


歩合の内訳は配信中の投げ銭額や視聴者数によって、時給の額が変わります。

具体的な配信アプリとしては
 ・Pococha
 ・BIGOLIVE
 ・EVERYLIVE
などが時給+歩合の報酬が出る配信アプリです!

一方、ひと月で30時間以上配信しないとこの収入形態にできないなど、ノルマがあることがあるので事務所にしっかり確認する必要がります。

2. 歩合のみについて


歩合の配信アプリは、”他とは違う”配信アプリの特徴を持つ場合が多いです。

例えば、「顔出しなし!声だけ」の配信アプリや、「ゲーム実況だけ」の配信アプリなどです。

そのため、人によってはこの配信アプリが絶対にいい!となる人も多く、
時給+歩合の配信アプリと、歩合だけの配信アプリを併用する人も多くいます。

具体的な配信アプリとしては
 ・私を布教して
 ・Twitch
などが歩合の報酬制度を取っている配信アプリです。

以上がよくあるライバーの報酬形態です。


おすすめは「時給」がある配信アプリです!

公式ライバー事務所SHIP!!の所属ライバーは平均月収16万円となっており、最高月収は300万以上稼ぐ方もいます。

平均2.5ヶ月でこの月収を皆さん実現しています!
ぜひ、皆さんもSHIP!!でライブ配信に挑戦してみてください!!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須