• TOP
  • ビゴライブ(BIGOLIVE)の運営会社や危険性、評判をわかりやすく解説!

ビゴライブ(BIGOLIVE)の運営会社や危険性、評判をわかりやすく解説!

世界中から人気を集めるライブ配信アプリ「ビゴライブ(BIGOLIVE)」。

ビゴライブでライバーとして活動したいと思っていても、「運営会社やビゴライブが安全なのか知っておきたい」と不安を抱える人もいるでしょう。

そこで今回は、ビゴライブの運営会社や危険性を詳しくご紹介します。

開発・運営会社だけでなく、親会社、旧親会社についてもまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

ビゴライブ(BIGOLIVE)の運営会社

TikTokライブのモデレーター機能とは?設定方法やできることを解説
開発・運営会社BIGO TECHNOLOGY PTE.LTD
親会社百度(バイドゥ)
旧親会社YY(歓聚時代)
日本版運営会社BIGO Service Japan株式会社

ビゴライブ(BIGOLIVE)は、2014年にBIGOがシンガポールで開発したライブ配信アプリです。

世界中から人気が集まるビゴライブでは、4億人を超えるユーザーが集まっています。

その後、開発・運営会社のBIGOはYYに買収され、最終的に百度(バイドゥ)に買収されました。

日本版のビゴライブは、BIGO ではなく、BIGO Service Japan株式会社が運営しています。

開発・運営会社|BIGO TECHNOLOGY PTE.LTD

所在地シンガポール
事業内容Video-based products and services
公式サイトhttps://www.bigo.sg/

BIGO TECHNOLOGY PTE.LTDは、ビゴライブ(BIGOLIVE)の開発・運営会社で、シンガポールにあります。

他にも、Likee(投稿プラットフォーム)や音声・ゲームなどのアプリが開発されています。

ビゴライブが公開されて4年間で、2億人以上のグローバルユーザーが登録しました。

世界中で急激に人気が爆発したことから、グローバル・スピード面の評価が高い企業といえるでしょう。

親会社|百度(バイドゥ)

所在地中華人民共和国 北京
事業内容インターネット検索
日本版公式サイトhttps://www.baidu.jp/

百度(バイドゥ)は、中国にあるビゴライブ(BIGOLIVE)の親会社です。

中国最大級の検索エンジンで有名な企業ですが、AIや自動運転車といったジャンルにも事業を拡大しています。

また、さまざまなコミュニティやマルチメディアサービス(画像・動画)も提供し、若い世代から人気を集めているようです。

旧親会社|YY(歓聚時代)

所在地中華人民共和国
事業内容ソーシャルメディアプラットフォーム(動画・音声)
公式サイトhttps://joyy.sg/

YY(歓聚時代)は、中国にあるビゴライブ(BIGOLIVE)の旧親会社です。

米国・欧州・アジアなどで、動画・音声に関するソーシャルメディアプラットフォームの開発や提供を行っています。

日本版運営会社|BIGO Service Japan株式会社

BIGO Service Japan株式会社は、日本版ビゴライブ(BIGOLIVE)の運営会社です。

ビゴライブは2014年にシンガポールでリリースされましたが、日本に上陸した時期は2017年7月。

シンガポール発祥のビゴライブには日本ユーザーが少なく、その割合は0.1%未満といわれています。

BIGO Service Japan株式会社は、ビゴライブの日本ユーザーを増やすことを目標に取り組んでいる企業です。

ビゴライブ(BIGOLIVE)の沿革

ミルダムの配信者ランクの上げ方とは?具体的な方法や注意点を解説
時期沿革
2014年1月BIGOが会社を設立
2016年3月ビゴライブをリリース
2016年タイでランキングトップに
2019年3月中国のYYに買収
2020年11月中国の百度がYYを買収(子会社化)

参考:BIGO TECHNOLOGY PTE. LTD.

ビゴライブ(BIGOLIVE)はリリース後、中国のYYと百度に買収されます。

  • BIGOが中国のYYに買収される
  • YYが百度(バイドゥ)に買収される
  • YYに不正会計疑惑

次で買収の内容をそれぞれ詳しく解説します。

BIGOが中国のYYに買収される

YYは以前からBIGOの株式約31.7%を保有しており、今回はYY董事長兼CEO代行の李学凌氏の保有株を含む残り約68.3%を取得する。昨年6月、同社はBIGOが実施したシリーズDの資金調達で優先株式を2億7200万ドル(約303億円)で取得し、BIGOの筆頭株主となっていた。

 引用:36KrJAPAN

2019年3月、ビゴライブ(BIGOLIVE)開発・運営会社であるBIGOはYY(歓聚時代)に買収されます。

YYは3億人以上のユーザーが集まる、中国のライブ配信プラットフォームです。

記事を読むと、YYは以前からBIGOの株式を多く取得していたことがわかります。

基本的に株式を51%以上保有している場合、その企業の所有者になれるといわれています。

そのため、大株主であるYYは買収できたようです。

 YYが百度(バイドゥ)に買収される

中国の検索エンジン大手 Baidu(百度)は、Joyy(歓衆集団) の中国国内ライブ配信事業「YY Live(YY 直播)」を36億米ドルで買収する契約を結んだと発表した。買収の完了は条件付きで、2021年前半に行われると見られている。Baidu による YY Live の買収対象には、モバイルアプリ「YY(歓衆時代)」、ウェブサイト「YY.com」、「PC YY」などが含まれる。

引用:BRIDGE

2020年11月、YYが百度(バイドゥ)に約36億$(3600億ほど)で買収されます。

運営会社の親会社が大きく変わったため、ビゴライブ(BIGOLIVE)にも何か影響が出る可能性があり、注意が必要です。

YYに不正会計疑惑

中国のインターネット検索最大手、百度(バイドゥ)が買収を計画する中国ライブ配信サービス大手、歓聚集団(JOYY)の中国のエンターテインメント分野のライブ配信事業「YYライブ」に不正会計問題が浮上した。JOYYは否定している。百度は2021年前半に買収手続きを完了する計画だったが、影響が出る可能性もある。

引用:日本経済新聞

2020年11月、YYが百度(バイドゥ)に買収された時期に、YYに不正会計疑惑が浮上しました。

今後のビゴライブ(BIGOLIVE)に全く影響しないとは言い切れませんが、数年は安定してビゴライブでライバー活動を続けられるでしょう。

ビゴライブ(BIGOLIVE)の危険性はゼロ

Mildom(ミルダム)は無料で使える?有料機能についても解説

ビゴライブ(BIGOLIVE)は海外ユーザーが多い傾向にありますが、危険性はありません。

先でも触れましたが、開発・運営会社であるBIGO TECHNOLOGY PTE.LTDは、ビゴライブ以外のサービスでもリリースからすぐに爆発的な人気を集めた実績を持つ企業です。

また、ビゴライブのアプリ評価を見ると、5評価中App Storeは「4.1」、Google Playは「4.3」と高めです。

日本ユーザーが少ないライブ配信アプリですが、危険性はないので安心してください。

BIGO Service Japan株式会社の評判

ミルダムのブーストとは? 使用メリットや注意点、使用方法を解説

日本版ビゴライブ(BIGOLIVE)を運営するBIGO Service Japan株式会社の口コミ・評判も調べてみましたが、特に悪い評判は見当たりませんでした。

SNSにも悪い口コミは見当たらなかったため、安全な企業だといえるでしょう。

まとめ

ビゴライブ(BIGOLIVE)の運営会社や危険性を紹介しました。

ビゴライブの開発・運営会社であるBIGO TECHNOLOGY PTE.LTDは、グローバル・スピード面の評価が高い企業で信用できます。

ビゴライブのアプリ評価も全体的に高く、危険性はないアプリだといえるでしょう。

ビゴライブでライバー活動をしたいと考えている人は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

「初心者で継続してライバー活動できるか不安…」と悩む人には、「今注目のライバー事務所No.1」に選ばれた公式ライバー事務所SHIP!!への所属がおすすめです!

初心者も所属できることはもちろん、トップライバーのもとで学んだ専属マネージャーが徹底的にあなたをサポート。

平均時給は業界トップクラスの2500円で、ノルマの有無が選べるというメリットもあります。

また、初期費用や解約金が一切発生しないため、安心して所属していただけます。

ぜひ公式ライバー事務所SHIP!!に所属して、ビゴライブで配信しましょう!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須