• TOP
  • ビゴライブで投げ銭がもらえない?原因ともらうテクニックを紹介

ビゴライブで投げ銭がもらえない?原因ともらうテクニックを紹介

ビゴライブで投げ銭がもらえないのには、いくつか理由があります。

その理由さえわかれば、改善して、投げ銭をもらえるようになるでしょう。

そもそも、ビゴライブは稼ぎやすいライブ配信プラットフォームです。

この記事では、ビゴライブで投げ銭がもらえない原因と解決策を紹介します。

ビゴライブで投げ銭がもらえない?

ビゴライブで投げ銭がもらえない?

投げ銭がもらえないということはライバーとしての収入が激減するに等しいことです。

しかし、ビゴライブ自体は投げ銭がもらいやすいライブ配信プラットフォーム。

投げ銭をもらえない場合は、ライバー側に原因があることがほとんど。

原因を追求し、改善することさえできれば投げ銭はもらえるようになります。

投げ銭がもらえない場合には、まず原因を追求し、その改善するようにしましょう。

ビゴライブで投げ銭がもらえない原因

ビゴライブで投げ銭がもらえない原因

ビゴライブで投げ銭がもらえない理由は、以下の3つかもしれません。

  • ライブ配信のクオリティが低い
  • リスナーがギフトの存在に気づいていない
  • リスナーがギフティングできない年齢である

ライブ配信のクオリティが低い

ライブ配信のクオリティが低ければ、投げ銭はもらえません。

投げ銭とはリスナーが「ライバーを応援したい」という気持ちでするものであり、あくまで「お金を使う」というハードルが高い行動だからです。

低画質、低音質で、盛り上がらないような配信をしている人に投げ銭をしたいリスナーはいません。

投げ銭をもらうためには「応援したいライバーになる」というのが大事であり、そのためにはクオリティの高い配信を行う必要があります。

リスナーがギフトの存在に気づいていない

リスナーがギフトの存在に気づいていない場合もあります。

初心者リスナーである場合、投げ銭をしたくてもどうやってすればいいのかがわからなかったり、そもそもライブ配信に投げ銭の文化があることを知らなかったりします。

その場合は「ギフトを送ってくれると嬉しいです」などとライブ配信内で伝えるのがいいでしょう。

あまりおねだりしすぎると「この人はお金がほしいんだな」とリスナーに思われてしまい、いい印象ではなくなってしまうので注意が必要です。

ギフトが自身のライバー活動やイベントのランキングに影響することなど「ギフトの重要性」をアピールしましょう。

リスナーがギフティングできない年齢である

リスナーがギフティングできない年齢の場合は、もちろん投げ銭がもらえません。

ライブ配信アプリは「投げ銭のしすぎ」などを防止するため、ギフティングに年齢制限を設けている場合がほとんどです。場合によっては、ライブ配信プラットフォーム自体に年齢制限がかけられていることもあります。

よって、たとえば「中学生向けライブ配信」などをしていれば、なかなか投げ銭はもらえないはず。

投げ銭をもらいたいなら、自分のライブ配信のターゲットを成人以上に設定しましょう。

ビゴライブで投げ銭をもらうテクニック

ビゴライブで投げ銭をもらうテクニック

ビゴライブで投げ銭をもらうには、以下の5つのテクニックを意識してみてください。

  1. ユーザーが多い時間帯にライブ配信する
  2. ユーザーニーズを考えてライブ配信する
  3. ギフティングしてほしいと伝える
  4. ギフティングのハードルを下げる
  5. ギフティングにゲーム性を与える

ユーザーが多い時間帯にライブ配信する

投げ銭をもらうためには、ユーザーが多い時間帯にライブ配信すべきです。

リスナーの母数が増えることによって、投げ銭をもらえる可能性を高められます。

早朝や深夜にライブ配信をやっても、なかなかユーザーは集まらず、ライブ配信も盛り上がりにくいことから、投げ銭はあまり期待できません。

しかし、多くのユーザーがスマホを見ている時間帯を狙ってライブ配信をすれば、たくさんの人がライブ配信を見にきてくれて、そのなかの一部が投げ銭をしてくれることでしょう。

配信すべき時間はライブ配信内容で変わるので、自分がどの時間帯に配信すべきかを考えてみてください。

ユーザーニーズを考えてライブ配信する

ユーザーニーズを考えてライブ配信することも、とても重要です。

投げ銭は応援の気持ちを込めて送られることが多いため、投げ銭されるライバーになるためには「リスナーが応援したいと思えるライバーになること」がポイント。

そのために、ユーザーニーズを考える必要があります。

リスナーが自分に対してどんな配信を期待しているのかを考え、リスナーが喜ぶライブ配信をすることを毎回考えましょう。

場合によっては、配信してほしいテーマなどを募集しても面白いですよ。

ギフティングしてほしいと伝える

敬遠しがちですが「ギフティングしてほしい」と伝えるのも非常に効果的です。

リスナーのなかには「ギフティングという文化を知らない人」や「ギフティングのやり方がわからない人」がいるので、直接的に想いを伝えることで投げ銭してくれるかもしれません。

また、直接的な表現で伝えることで「応援したい」という気持ちに火をつけられます。

トップライバーは10分に一度ほどの頻度で「ギフティングしてほしい」とリスナーに伝えています。

リスナーは常に入れ替わりるため、積極的に伝えていきましょう。

ギフティングのハードルを下げる

ギフティングのハードルを下げることを意識してみてください。

あまりギフティングの経験がない人は、ギフティングが「お金を使う行為」であることから、非常にハードルを高く感じている可能性があります。

ビゴライブではわずか2ダイヤで購入できるギフトや、割引期間なら1ダイヤで購入できるギフトもあります。

2ダイヤだと日本円で6円ほどですので、例えば「お花ください!」や「お花嬉しい!」とアイテム名を指定して声をかけることで、ギフティングのハードルを下げられるでしょう。

そのほかにも「どうやったら気軽に投げ銭してもらえるか」を常に考えて配信を行うことをおすすめします。

ギフティングにゲーム性を与える

ギフティングにゲーム性を与えることも、非常に効果的なテクニックです。

ゲーム性を与えることによって、ギフティングに「ライバーを応援したい」という気持ちに加えて、「ゲーム性を楽しみたい」という動機が加わり、投げ銭をする理由が強力になります。

その際には、ビゴライブの「ベル」を活用しましょう。

ギフトのなかにある「ベル」は、当たりが出た場合には送信した一部のダイヤが返ってくるというもので、当たりかハズレのゲーム性を楽しめます。

ほかにも、独自の「ギフトを使ったゲーム」などを企画してもいいかもしれません。

まとめ

今回は、ビゴライブで投げ銭がもらえない場合について紹介しました。

ビゴライブはユーザー数が圧倒的に多いことから「稼ぎやすい」といわれているライブ配信プラットフォームですので、投げ銭がもらえない場合には何か自分に問題があると考えましょう。

よくある原因が、以下の3つです。

  • ライブ配信のクオリティが低い
  • リスナーがギフトの存在に気づいていない
  • リスナーがギフティングできない年齢である

これらを解決したうえで、以下の5つのテクニックにも取り組むといいでしょう。

  1. ユーザーが多い時間帯にライブ配信する
  2. ユーザーニーズを考えてライブ配信する
  3. ギフティングしてほしいと伝える
  4. ギフティングのハードルを下げる
  5. ギフティングにゲーム性を与える

また、もっと効率的に投げ銭をもらいたかったら、ライバー事務所に所属するのがおすすめ。

ライバー事務所に所属することによって、事務所に蓄積されたライブ配信ノウハウを提供してもらえたり、事務所を通して公式ライバーになることで時給がもらえたりします。

おすすめのライバー事務所は、「今注目の事務所No.1」に選ばれた公式ライバー事務所SHIP!!です。

イベントランキング上位を獲得するトップライバーなどを多数輩出しているため、実践的なノウハウが蓄積されています。

また、所属することで時給ももらえるようになり、個人活動の2倍以上の収入を見込めるでしょう。

初心者・経験者問わずライバーを募集しているため、少しでも興味がある方は公式LINEよりご連絡ください!

お問い合わせ
配信検討中アプリ(複数回答可)必須
個人情報の取り扱いに同意する必須