バズビデオの収益の仕組みは? 申請の方法や単価を解説

バズビデオの収益の仕組みは? 申請の方法や単価を解説

BuzzVideo(バズビデオ)は「稼げる」と話題ですが、その詳細について詳しく知っている人は多くありません。

本記事では、バズビデオの収益の仕組みや収益をあげる方法などを解説します。

バズビデオで稼ぎたいと思っている人は、参考にしてください。

バズビデオとは?

ビデオ(BuzzVideo)とは
引用:BuzzVideo

バズビデオとは、動画投稿やライブ配信を行う、もしくは視聴して楽しめるマルチコンテンツプラットフォームです。

Bytedanceが運営している

バズビデオを運営している会社は、Bytedanceです。

BytedanceはTikTokを運営している会社です。

TikTokのダウンロード数は、Facebook以外で初の30億回を突破。2021年の上半期には収益が約1,011億円に到達し、ゲームアプリ以外では過去最高額となりました。

それほどの実績を残しているBytedanceが運営している動画投稿アプリがバズビデオです。

安心して使えるアプリ

バズビデオは、安心して使えるアプリです。

Android端末でアプリをインストールする際にたくさんの権限を求められることから「個人情報が抜き取られる」と噂されていますが、実際にそのような事例は確認されていません。

また、Bytedanceほど大きな会社が個人情報の抜き取りをするとは思えませんよね。

もっとバズビデオについて詳しく知りたいという方は、バズビデオの特徴や機能を紹介している記事をご参考ください。

バズビデオで収益発生する仕組み

バズビデオで収益発生する仕組み

バズビデオで収益が発生するタイミングは以下の3つです。

  • 投稿した動画が再生されたとき
  • ライブ配信でギフトをもらったとき
  • ライブ配信の時給をもらったとき

収益申請条件をクリアしておけば、投稿した動画が再生されるたびに収益が発生します。

また、バズビデオ内のライブ配信で視聴者からギフトを受け取れば、それを換金することによって収益を受け取れます。

さらに、バズビデオのライバーとして事務所に所属している場合にはライブ配信の時給が発生することも。

バズビデオ収益の単価は?

バズビデオ収益の単価は?

バズビデオに動画を投稿したときの1再生あたりの収益は、公式サイトには記載されていません。

しかし、一般的には0.2~0.5円と言われています。

収益が発生するのは、動画内で広告が流れるからです。

つまり、企業がバズビデオへの広告掲載を依頼し、その広告を流してくれたクリエイターに対して報酬を支払うという仕組みになっています。

しかし、再生回数がほしいからといって無断転載などをしているとペナルティとして単価を下げられるため、無断転載は絶対にやらないようにしましょう。

バズビデオの収益申請条件

バズビデオの収益申請条件

バズビデオの動画投稿における収益を申請する条件は、以下の2つのどちらかを達成することです。

  • フォロワー100人以上
  • 総再生回数20,000回以上

また、収益をあげるためにライブ配信を行う場合は、「公式ライバーになる」必要があります。

以上の条件をクリアして、バズビデオで収益をあげられるようになりましょう。

フォロワー100人以上

バズビデオで収益化申請をするためには、フォロワー100人を達成しなければなりません。

友人100人に頼んでフォローしてもらう、もしくは相互フォローを繰り返して100人を達成する方法でも、問題なく収益申請できます。

しかし、友人からのフォローや相互フォローで数字を増やしても、収益申請ができるだけで、肝心の再生数が伸びるわけではありません。

やはり、コツコツとフォロワーを集めていく必要があります。

総再生回数20,000回以上

投稿した動画の総再生回数が20,000回を突破することでも、収益申請できます。

YouTubeの収益申請における条件が「過去12ヶ月間の総再生時間が4000時間以上」であることを考えると、バズビデオのほうが申請条件を達成しやすいですね。

20,000回以上再生されるなら、ある程度の収益も見込めます。

動画を工夫して、総再生回数20,000回を達成しましょう。

公式ライバーになる

ライブ配信で収益をあげるためには、公式ライバーにならなければなりません。

そもそもバズビデオでは、バズビデオ運営が選出・登録した方のみがライブ配信できるためです。

公式ライバーになるためには、ライバー事務所に所属し、バズビデオにライバー申請を行う必要があります。

バズビデオ運営の審査に豪けくすれば、ライブ配信を行い、リスナーからのギフトや時給を得られます。

バズビデオでライバーとして収益をあげたいなら、事務所に所属しましょう。

バズビデオで収益をあげる方法

バズビデオで収益をあげる方法

バズビデオで収益をあげるために意識すべきことは以下の3つ。

  • 専門性を意識する
  • タイトルを工夫する
  • サムネイルを工夫する

専門性を意識する

バズビデオで収益をあげるためには、専門性を意識しましょう。

つまり、視聴者が「このアカウントは〇〇についての動画を上げてくれるんだ!」と明確にわかるようにします。

これによって視聴者は固定ファンになります。

このような固定ファンを増やすことで再生数・収益を向上させましょう。

さらに、専門性を意識することでバズビデオの内部AIが「専門性があるアカウントだ」と評価し、再生単価もアップするかもしれません。

タイトルを工夫する

視聴者に動画を再生してもらうためには、タイトルの工夫が必須です。

動画の内容がどれだけすばらしくても、タイトルを見た時点で視聴者が興味をもたなければ、動画を再生すらしてもらえません。

視聴者に「この動画を見てみたい!」と思わせるタイトルを作りましょう。

また、タイトルに自分が専門としているジャンルのキーワードを入れることをおすすめします。

そのキーワードに関連する動画を求めているユーザーに対して、AIが投稿動画を表示してくれる可能性があるためです。

サムネイルを工夫する

一般的に、サムネイルを工夫すれば動画の再生率が上がると言われています。

視覚情報の大切さは「人間が五感から得ている情報のうち、視覚情報は8~9割りを占めている」と言われるほどです。

サムネイルでユーザーの興味をひければ、再生率は上がるでしょう。

再生回数に伸び悩んでいる方は、サムネイルにこだわってみてください。

まとめ

バズビデオは下記3つの理由から、他の動画投稿アプリよりも収益化がしやすいといえます。

  • 1再生あたりの単価が0.2~0.5円と高く設定されている
  • 収益化申請のハードルが低く、誰でも収益化できる
  • ライブ配信できるようになれば、ギフト・時給を得られる

収益化申請のハードルが低いことと、ライバー事務所に所属すれば公式ライバーになれる可能性が高いことから、非常に稼ぎやすいことがわかりますよね。

バズビデオにおすすめのライバー事務所は、公式ライバー事務所SHIP!!です。

公式ライバー事務所SHIP!!はトップライバー設立した事務所なので、ライバーを第一に考えており、活動しやすい環境が整っています。

たとえば、ライバー1人に対して専属マネージャーがついたり、顧問弁護士や税理士が所属しています。

また、公式ライバー事務所SHIP!!では、バズビデオで20時間以上配信するだけで1,000円〜最大4,000円の時給が保証されるキャンペーンが期間限定で実施されています。

バズビデオの公式ライバーになるためには、バズビデオ運営の審査を合格しなければなりませんが、合格率は99%と非常に高いです。

バズビデオを使って本気で稼ぎたいなら、ぜひ公式ライバー事務所SHIP!!へご連絡ください。

ライバー給与診断

Q1
あなたの性別は?
友だち追加  

お問い合わせ

    必須 日付

    必須 氏名

    必須 ふりがな

    必須 メールアドレス

    任意 LINE ID (LINEでの問い合わせ希望のみ)

    必須 配信をご検討のアプリ ※複数選択可

    任意 その他

    タグ:

    最終更新日:2021.12.12